ログイン
HOME  » 運営者紹介

運営者紹介

あいさつ

物心ついた頃、カメラ好きの叔父(故人・呼称「カメラのおっちゃん」)の影響で、写真に触れることが多く、中学2年のときに初めて中古の一眼レフを購入。

それから約35年間、写真を人生最高の生きがいとしています。
2009年、写真の力で社会貢献をしてみたいとのチャレンジ精神を持って19年勤めた会社を退職し、「フォトの匠」の屋号で事業活動を開始。

また、家族旅行で出会ったイタリアの旧市街に心を奪われ、以来、通算14度のイタリア旅行に出向き、写真作品を撮りためています。

これからも、写真という想い出のカタチを残すことで人の未来にチカラを与えることをモットーに、日々新しい事に挑戦しております。
想い出写真の整理屋・フォトの匠
想い出写真の整理屋・フォトの匠 
代表 原孝志

代表のプロフィール

1966年2月 大阪市に生まれる。4130グラム。
1982年1月 中学2年生で初めて一眼レフを購入。本格的に写真を始める(写真部副部長)
1984年3月 大阪府立千里高等学校を卒業(写真部部長)
1985年3月 京都工芸繊維大学を1年で自主退学
1990年3月 大阪市立大学・工学部機械工学科を卒業
1990年4月
~2009年7月 
半導体製造装置メーカーにて機械設計業務と知的財産権業務に従事
2009年8月 43歳でサラリーマン人生と決別し、社会貢献できる写真サービス業の準備を開始
2010年
10月10日 
フォトの匠を正式開業:持込み専門のウェディング写真&映像事業を開始
2011年6月 フォトの匠 芦屋事務所を開設
2012年2月 書家ごとうみのる氏とのコラボ展「筆文字で綴るノスタルジー写真展~ある少年の記憶~」
開催・神戸市
2012年
12月12日 
想い出写真の整理事業を開始
2013年3月 想い出写真の整理事業が、兵庫県・経営革新計画の承認を受ける
2013年12月 お客様とのコミュニケーションの場としてグランフロント大阪内の商談サロンを契約
2014年1月 フォトの匠 大阪心斎橋事務所を開設
2014年3月  人形作家ごとうゆき氏とのコラボ展「天使の舞い降りる街~神戸そして南三陸~」
開催・神戸市
   ~現在に至る
【他の運営サイト】
「フォトの匠ウェディング」 http://www.photo-takumi-wedding.jp
「ドンナフォトグラーファ」 http://donna-fotografa.com

【facebook】
代表の個人ページ https://www.facebook.com/haratakashi
フォトの匠の公式ページ https://www.facebook.com/photonotakumi

【写真の魅力とは?】

・無限の選択肢から宝物を探す「トレジャーハンター」になれること。
・自分が撮影した写真を見た人の行動を変えられること。
・人の撮影した過去の写真(想い出)をカタチにすることで、その人の未来に笑顔を与えられること。

【好きな被写体】

結婚式・披露宴・二次会、その他のイベント、人物全般、風景、
海外の旧市街地(特にイタリア旧市街地)、子供、動物、紅葉、夜景、花等

【現在の主な使用カメラ】

キヤノン EOS 5DmarkⅢ、6D、7D、60D、オリンパスOM-D E-M10

【資格、経歴】

フォトマスター1級
カラーコーディネーター3級
家電製品アドバイザー(AV情報家電)
知財検定2級
ヒューマンアカデミーDTP制作コース修了